logo to HOME
Concept Profile Services Franchaise Investor
Concept
■SJFの考える「健康」とは
news-deli写真 news-deli写真 私共の考える「健康」とは、「身体の健康」「見た目の健康」「ココロの健康」の3つ健康を全てを考えて事業を進めております。特にSJFでは、 「身体の健康」と「ココロの健康」に重点を置き、 「身体の健康」ではファーストフード時代に逆行してスローフードやハーブを提唱した飲食業態の提案を行ってまいりました。また、 「ココロの健康」という視点も重要なキーワードと考えています。現代社会ではこの「ココロの健康」を求めている人達が急増しています。その栄養分となる「刺激」と「癒し」です。外食産業では、この「刺激」と「癒し」を与える食を含めた五感を満足させる演出が今後の外食産業で重要なポイントになると考えております。
コンビニの食材や立ち食いそば店、ファーストフードなどの低価格で美味しい物が氾濫していくなか、外食産業の生き残りは、いかにお客様のココロを満足させるか、という戦いの時代に入ってきています。
いかにお客様のニーズに応えるか、喜んでもらえる演出ができるのか、常に考えで進めてきているのがSJFです。
「news DELI」 の60-80種類のデリカデッセンの提案も、普通だと非効率だから諦める企画ですが、これでナンバーワン店を生み出せるのが弊社の勝利のノウハウです。
株式会社エス・ジェイ・フーズは、欧米スタイルのデリカテッセンに日本の食文化を融合させたスタイルを確立させた「news DELI」ブランドを2002年10月に株式会社サンライズジャパンよりパテント取得し、『食文化を通じた「健康」をグローバルに発信します。』を企業理念とし設立した会社です。以降フランチャイズ展開で事業を推進し、直営10店舗、FC11店舗(2004年度初春、4店舗OPEN予定含む)を展開しております。

前身の株式会社サンライズジャパンは、平成4年12月に設立し日焼けサロン「SOLE」の直営店36店舗、FC36店舗を展開。スポーツクラブやアミューズメント施設に約600台の導入を行っており、ニッチな市場であるソラリオン事業の中で市場を開拓し世界一のブランドに創りあげることに成功致しました。また、レストラン事業では、新業態「news DELI」を展開し、2002年雑誌「グルメぴあ」で約16,000店舗の中から読者が選ぶ人気ナンバー1のお店に選ばれナンバーワンでオンリーワンのブランドを2つ世に出すに至りました。弊社の特徴は、ユーザーのニーズを的確に把握し上記の各種ブランドを企画し、インテリアの設計・施行も含めて自社で全ての開発をし、運営を行ない、確実に市場での人気ブランドに仕上げて行くブランド開発力と言えます。

また、弊社の企業理念にもある「健康」についての考え方は、「身体の健康」と「ココロの健康」に分かれます。「身体の健康」 は食や栄養素によるもので外食産業の基礎となるものです。また、「ココロの健康」は、感動によって生まれるもので外食産業においては「美味しい」という味覚の感動に加え五感を満足させるデザイン、空気感、音楽、温度感、ヒューマンスキルなどの演出が重要であると考えております。現代社会ではこの「ココロの健康」を求めている人達が急増しています。このような五感を満足させる演出がお店に人をリピートさせ集客装置となっているのです。弊社ブランドの「news DELI」 の60-80種類のデリカデッセンの提案も、今までの外食産業のセオリーだと非効率だから諦める企画ですが、この企画でナンバーワン店を生み出せるのがお客様のニーズに応え「ココロの健康」=五感を満足させる演出から生まれた弊社の勝利の方程式といえます。
また、この考え方をフィーリング・ビジネスと位置付け、外食事業の重要なポイントとして人材育成においても徹底して教育しております。

このような今までの外食産業のセオリーにとらわれずお客様に愛されるブランドを創造し市場を開拓していくのが我々の仕事です。そして国内のみまらず世界品質のナショナル・ブランドを創り出すことにチャレンジ致します。
日本は海と山に囲まれ、四季もあり、それに加え江戸時代の鎖国期間に熟成された繊細で独自の食文化を持っており、世界一味覚に優れ、世界中の人から日本の食事は美味しいと言われています。しかしながら、海外に発信した日本の外食ブランドはありません。我々は世界の料理を吸収し改良し新たなものを産み出す日本人の優れた食文化に学び、五感を満足させる飲食ブランドを創造し、外食業界において国内はもとより世界に向けての発信にもチャレンジして行きたいと思っております。

経済の先行き不透明感が強く、多くの企業での経営不振や各商業態でのライフサイクルの短期化など、今日本は確実に不景気感に侵されています。このような状況の中、私共は「味」「サービス」は当然のことながら、ココロを満足させる感動を提供する企業でありたいと日々考えております。現在の日本は不景気なのではなくただ元気と自信を失っているだけだと考えます。そんななかで、ココロを満足させ感動を提供する企業として社員一同「夢」を抱き自信を持って元気よく接して行くことにより、新たな活気が必ず生まれてくるものと確信しており、また、この不況化で弊社が今までに2つものオンリーワン・ブランドを世に送り出せた理由だと思っております。
弊社はまだまだ優良な企業とは言えませんが、今の国民に必要とされている企業だと自負しております。
皆様のご支援とご鞭撻を賜ることにより、後押しをしていただくことを心よりお願い申し上げます。

株式会社エス・ジェイ・フーズ
代表取締役 兵頭慶爾

Concept
人気カフェ・レストランからライフスタイルを提案する
リアルメディアへと進化。

1997年、時代はファーストフード店やコンビニエンスストアーが高い支持を受けている中で、「news DELI」1号店は「健康」をキーワードに「スローフード」という逆の発想を提案してまいりました。それは、人々の食事の時間を大切にし、素材にこだわりナチュラルにヘルシーさを感じられる店づくりを、そして、お客様の心理を一番に考え「品数の多い料理を見て選べる」「色々なソ理を小ポーションで数多く食べられる」「ヘルシーなサラダ料理」「ショウケースを通じたコミュニケーション」「キッチンとお客様の距離を縮めたライブ(手作り)感」を演出し、現在もなお進化した形で心地よい空間を提供しております。
現在「news DELI]は全国17店舗(直営・FC)で運営を行っており、トレンドセッターである18歳から30歳の女性が1ヶ月に20万人の来客ということで人気女性誌に匹敵するメディアになっております。2年後にはFC店舗増大もあり、80万人の来客が見込める巨大メディアとして成長していきます。しかも人が触れ合うリアルなメディアとして影響力の大きいスペースと進化していきます。

「食」を入口としたライフスタイル全体を
提案して行く企業を目指す。

「news DELI」のネーミングは、N=north,E=erst,W=west,S=southと世界中からのニューズを「news DELI」のフィルターを通してライフスタイルの提案を発信していこう!ということでつけられた名前です。その発信は人間に欠かせない衣・食・住の「食」を入口にし、多品種のデリカデッセンを楽しむ「食」を通してのライフスタイルの提案を行い2002年には雑誌「グルメぴあ」の16000店舗から読者が選ぶナンバー1のお店として評価いただきました。現在17店舗と全国に拡大し、am&pmなど大手企業からもコラボレーションを望まれるブランドにまで成長を遂げました。
しかしながら、まだ現在の発信は私共のほんの一部に過ぎません。今後、食品、キッチン用品、生活雑貨、ファッション、家具等々に至るまでのライフスタイル全てを提案していき、ファッション業界では大手アパレルメーカー等がファッションを入口にライフスタイルを提案するライフスタイルアソートメントメガストア(ミニ百貨店)を展開し成功を治めたように、私共は「食」を入口としてライフスタイル全般を提案するライフスタイルアソートメントメガストアの創造を目指しております。

お客さまに感動与えるエンターテインメント・スペースとしての
店づくりで我が店を文化にまで高めたい!!

当社とお客様との唯一の接点である店舗でのキーワードは「感動」です。エントランスを入ると、ショーケースに常時80種以上の色鮮やかな惣菜が飛びこんで来る。明るく、元気なスタッフたち。いつも清潔な店内。店内には映像や雑誌など話題の種は豊富に詰まっている。このように「news DELI」独自の店舗空間とビジュアル演出でエンターティンメント性の高い店づくりを目指し、お客さまに感動を与える店舗運営を日々追求しております。そして、お客さまにとって、モノを売るためだけのお店ではなく、弊社の企業理念である、明るく、楽しく、元気よく、健康を通じて「かっこいい年のとり方」を実践できるきっかけづくりができ、時間を楽しく消費しながらモノを買っていく空間を提供していくつもりです。また、ただ単に店舗を増やすことは考えておりません。単に膨張しても風船のようにパチンと弾けてしまいます。そうならないためにも我々が提供するスペースを文化にまで育てたいと考えております。
昭和30年代、親に連れられてデパートに行くのがソワソワウキウキしたように・・・・・ とりあえず弊社のライフスタイルアソートメントメガストアへ行けば楽しいことがありそう!と言う情報発信スペースを2010年頃までには創造し文化にまで高める構想です。 そんな意味で、ライバルとして最も強く意識する企業は、しいて挙げればディズニーランドでしょうか・・。


to HOME
Pressroom Real Estate Recruit Contact Us Privacy Policy
COPYRIGHT © 2007 - SJ Foods Co.,Ltd. All Rights Reserved.